我が家のポメラニアンのポン吉の毛色はオレンジですが、ポン吉の父親はオレンジセーブルです。

 

ポン吉の父親の血統は毛色がオレンジかオレンジセーブルで占められています。

 

一方、ポン吉の母親の毛色も、ポン吉と同じオレンジですが、ポン吉の母の父親つまり祖父はホワイト、祖母はクリームの毛色をしていることが血統書で分かりました。

 

このように、ポメラニアンには、多くの毛色があります。

 

ジャパンケネルクラブでは、ポメラニアンの毛色を13種類と定めているようです。

 

今回はポメラニアンの毛色について書いていきたいと思います。

 

それでは、始めます。

スポンサーリンク

ポメラニアンの毛色の種類

オレンジ

 

http://pomeranian.breeders.jp/show/130816051/から引用

 

まずは、我が家のポン吉のカラーであるオレンジです。

 

ポメラニアンといって思い浮かべるのは、このオレンジではないでしょうか。

 

ポピュラーな色で華やかな印象の毛色です。

オレンジセーブル

http://pomeranian.breeders.jp/から引用

 

下毛が濃いタン(褐色)で、上毛が濃いオレンジ、毛先がブラックになっています。

ホワイト

https://matome.naver.jp/から引用

 

ソフトバンクのCMに登場するギガちゃんで有名になったホワイトですね。

 

元々、日本でも多く見られましたが、一時は頭数も少なくなっていたそうです。

 

しかし、ギガちゃんの登場で、再び人気が出ています。

 

台湾でも人気があるようです。

クリーム


http://pomeranian.breeders.jp/から引用

 

初期のポメラニアンは、この毛色が主流だったといわれています。

 

今でも、根強い人気を誇っています。

ブラック


http://ameblo.jp/yoshi-reina-iove/から引用

 

クマのような愛らしさがありますね。

 

イギリスで、特に人気がある毛色です。

ブラック&タン

https://matome.naver.jp/から引用

 

ブラックのカラーに目の上や胸、四肢などにタン(褐色)が入っています。

ウルフセーブル

http://puppysring.com/から引用

 

先代のポメラニアンが、このウルフセーブルという毛色でした。

 

クリームがベースで毛先が黒という感じです。

 

柴犬カットにすると、たぬきみたいで可愛いです。

チョコレート

http://www.japan-stores.jp/から引用

 

このチョコレートという毛色は繁殖するのがむずかしいといわれています。

 

日本には、ほとんどいない毛色です。

ブラウン

http://iwakitiny.exblog.jp/11348626/から引用

 

チョコレートと比べると、明るい毛色ですね。

ブルー

http://plaza.rakuten.co.jp/から引用

 

ブルーといっても、青みがかかったグレーといったところでしょうか。

レッド

http://petmado.com/から引用

 

オレンジの毛色をさらに明るくした毛色ですね。

ビーバー

http://kanedai10.blog.fc2.com/から引用

 

オレンジをちょっと暗くしたような毛色ですね。

 

イザベラとも呼ばれているそうです。

パーティカラー

http://tskhack.com/から引用

 

ホワイトの毛色に1色あるいは2色入った毛色をしています。

 

このようにカラーバリエーションが豊富なポメラニアンは、開立毛(かいりつもう)が特徴です。

 

開立毛はスタンド・オフ・コートとも呼ばれ、毛が体から立って、毛先が開いた状態の長毛をいいいます。

ポメラニアンはダブルコート

ポメラニアンは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)を持つダブルコートの犬種です。

 

上毛(オーバーコート)は、しっかりとした剛毛で紫外線などから皮膚を守る役割があり、下毛(アンダーコート)は、柔らかな毛で保温や保湿の役割があります。

 

ダブルコートの犬種は、ジャックラッセルテリアやフレンチ ブルドッグ、柴犬など短毛の犬が多いですね。

ポメラニアンは抜け毛が多い

ポメラニアンは、抜け毛が多いといわれています。

 

一般的に、トイプードルのようなシングルコートの犬と比べて、ダブルコートの犬は抜け毛が多いようです。

 

特に、換毛期といわれる時期は、抜け毛で大変です。

 

そして、換毛期は年に2回あります。

 

3月頃から冬毛から夏毛にかわり始め、9月頃から夏毛から冬毛にかわり始めます。

 

柔らかい下毛(アンダーコート)がごっそり抜けます。

 

アンダーコートは、体温調整の役割があるので仕方がありません。

 

普段から、まめにブラッシングしてあげることで、飼い主さんとポメラニアンとの信頼関係を高めましょう。

スポンサーリンク

最後に

今回は、ポメラニアンの毛色の種類と抜け毛について書いてみました。

 

ポメラニアンは可愛い犬ですが、実際に飼ってみると大変なことも多い犬種です。

 

しかし、大変なことも忘れてしまういぐらい愛情豊かな犬です。

 

家族として、大事な存在になってくれると思います。

スポンサーリンク