縄張り意識の強いポメラニアンは、よく吠える犬といわれています。

 

先代のポメラニアンは、成犬になっても電話の音やチャイムの音に反応して、よく吠えていました。

 

一方、現在飼っているポン吉は、同じポメラニアンであっても、電話の音やチャイムの音にはあまり反応せず、食事の時の要求吠えぐらいですね。

 

ポメラニアンは吠えると結構声が甲高いので、近所迷惑になると心配される方も多いと思います。

 

しかし、ポメラニアンはしっかりとしつければ、飼い主に従順な犬種なので、無駄吠えが少なくなる可能性も高いようです。

 

今回は、ポメラニアンの無駄吠え対策について調べてみました。

スポンサーリンク

ポメラニアンの無駄吠えには理由がある

http://wanwantraining.com/から引用

 

アニコム損害保険株式会社が、契約者向けサービスとして行っている「しつけ相談」に寄せられた相談内容の集計によると、ポメラニアンの相談項目として一番多かったのが噛み癖です。

 

そして、2番目に多かった相談項目が吠え癖・無駄吠えで、以下トイレ・ケア・食事(回数・量)が続きます。

 

トイプードルやチワワは、トイレが1番目で、2番目が吠え癖・無駄吠えですから、犬種によって違いが出ていますね。

 

先代とポン吉の2頭のポメラニアンを飼ってみて、ポメラニアンの相談項目として、噛み癖や吠え癖・無駄吠えが多いというのも確かにうなずけます。

 

さて、ポメラニアンの「しつけ相談」で2位にランクされる吠え癖・無駄吠えですが、なぜ無駄吠えするのでしょうか?

 

ポメラニアンに限らず、犬が吠えるのには必ず理由があります。

 

電話の音やチャイムの音がしたとき、吠えるのは警戒心からがほとんどです。

 

そこに飼い主が、「ダメ!」「いけない」「静かに」と大声で叫ぶと、犬は飼い主も吠えていると聞こえてしまうようです。

 

すると、犬が吠える行為を飼い主も認めたと思い、さらに吠え続けるという悪循環になってしまいます。

 

また、犬が吠える理由は、警戒心以外にも、恐怖心や興奮、ストレス、要求など様々ありますが、飼い主の方に問題があるケースも多いようです。

無駄吠え防止グッズ?

世の中には、ポメラニアンに限らず無駄吠えに悩んでいる飼い主が多いようで、無駄吠え防止グッズが結構あるようです。

 

我が家でも、無駄吠え防止グッズとはいえないですが、先代のポメラニアンが電話の音などに反応し吠えるため、お酢を薄めたものをスプレー式容器に入れて使ってみましたが、全く効果はありませんでした。

 

無駄吠え防止グッズには、口輪や電気や超音波などで無駄吠えを防止する首輪などがあるようですが、個人的には飼い犬との信頼関係を損ねるようで使う気にはなれません。

 

無駄吠え防止グッズを使用することで、犬はストレスを感じてしまう場合もあります。

無駄吠え防止グッズを使わない無駄吠え対策

http://wanbull.seesaa.net/から引用

 

では、無駄吠え防止グッズを使用しない無駄吠え対策とはどんなものなのでしょう。

 

また、親犬は子犬にどんな教育をして、吠えるのを止めさせているのでしょうか?

 

野生の犬は、上位の犬が吠えている子犬の鼻面を、牙を立てないようにしてくわえ、低くてかすれた短いうなり声をあげるだけだそうです。

 

短いうなり声なので、周囲にもそれほど響かず、鼻面をくわえられた子犬も痛くないので、悲鳴をあげることもありません。

 

この行為をすることで、大抵静かになるそうです。

 

人間の場合は、子犬の鼻面をくわえるわけにもいかないので、この方法を真似ると良いようです。

 

手を使って子犬の鼻面を手で包むように押し下げて、落ち着いた声で「静かに」と低い声で数回繰り返すことで子犬はおとなしくなるようです。(参考 日優犬高松 スタンレー・コレンの著作物より)

スポンサーリンク

最後に

マンションなどで犬を飼う場合、無駄吠えは近所迷惑になります。

 

そして、飼い主として、近所迷惑にならないように、無駄吠え防止グッズを購入し、無駄吠え対策をされている方の気持ちも分からないではありません。

 

しかし、犬が吠えている原因を理解しないと、根本的な解決にはなりません。

 

興奮して吠えているのであれば、マテ、オスワリ、フセなどのコマンドで落ち着かせることが大事ですし、要求吠えの場合は、無視することで収まっていきます。

 

犬が吠える原因は様々ありますが、犬が吠える原因を見つけ出し、しっかりと対応していくことで犬の無駄吠えは改善されていきます。

 

そして、無駄吠えの改善だけでなく、愛犬との信頼関係も増していくことでしょう。

スポンサーリンク