久々の更新となります。

 

1年以上更新をしていませんでした。

 

いやいや、サボり過ぎですね。

 

また、よろしくお願いします。

 

ところで、ウチのポン吉くんなんですが、骨折してプレート手術を受けた後に、プレートのスクリューを外す手術とプレート本体を外す手術を受けたんですよ!

 

そう、まだ2歳にもならないのに、3回も全身麻酔をして、手術を受けたわけです。

 

あまりにも、可哀そう過ぎます!

 

でも、ポン吉が3回も手術を受ける羽目になったのは、他ならぬ私のせいでございます。

 

そこは、しっかり反省しております。

 

 

でも、プレート除去手術の費用って高いんですね。

 

ビックリしました!

 

今回は、子犬のプレート除去手術について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

子犬のプレート除去手術は2段階

 

子犬のプレート除去手術は2回に分けて行われます。

 

ちょっと画像が粗いですが、こちらがポン吉の骨折した足に入っていたプレートとスクリュー!

 

このプレートの穴は6個ありますが、最初の手術で、スクリューをとめたのは5箇所だけです。

 

まず、5箇所とめられたスクリューの内、両端の2か所を除いたスクリューを外す手術を行います。

 

ポン吉の場合は、スクリューの部分除去手術は、最初の手術から2ヶ月後に行われました。

 

この手術で外されたスクリューの痕(あと)は、次第に仮骨していくことになります。

 

ウチのポン吉君の場合は、成長期の子犬だったこともあり、比較的早く仮骨していきました。

 

おそらく、子犬の方が大人の犬に比べると仮骨は早いのではないでしょうか。

 

老犬になってしまうと、プレートを除去しない方向で調整されることの方が多いと思います。

 

でも、この時点ではまだスクリューが残ってプレートも外れていない状態です。

 

大変なのは、これから先でした。

いよいよ、プレート除去手術のはずが…

スクリューの部分除去手術から1か月経ち、外したスクリューのあとの仮骨が順調に進んでいることから、動物病院の医師と相談し、いよいよプレート除去手術の日程を決定しました。

 

プレート除去に関しては、飼い主さんの考えもあると思いますが、プレートをしたままの状態でいると、骨自体が痩せてきたり、プレートが折れたり外れたりするリスクが出てくるため、ポン吉の場合はプレートを除去しようと思っていました。

 

ただ、一番大事なのは手術を受ける愛犬の体調です。

 

実は、プレート除去手術を受ける日に、ウチのポン吉が吐いてしまったため、動物病院の先生と相談して、手術の延期をしました。

 

とりあえず、ポン吉の体調が良くなるまで、手術は控えようということですね。

 

とはいうものの、手術の日程は一応決めておきました。

 

また、手術するまで、何回もレントゲン写真を撮り、骨折した箇所の仮骨状況の確認作業を行っていました。

 

結構、このレントゲン費用というのが馬鹿にならない費用なんです。

 

1回につき、7,000円ぐらいかかるので、その度ごとに費用がかさんでいきます。

 

それも、レントゲンを撮るのは毎週ですよ!毎週!(怒)

 

幸い、ポン吉君の場合はペット保険に入っていたので、保険会社に請求すれば、7割ぐらい返ってきますが、ポン吉が入っているペット保険は請求して、2~3週間しないと返金されないので、その間はこちらの負担になります。

 

結局、仮骨の進捗状況を確認して、動物病院の先生が手術にGOサインを出したのは、スクリューの部分除去手術から約2か月後のことでした。

 

幸い、手術の方は無事終了し、手術後入院を経て、ポン吉が自宅に帰宅したのは、最初の手術から半年後ということになりました。

 

そして、その後も、最初の内は毎週レントゲンを撮り、骨の治癒状況の確認です。

 

もちろん、散歩は控えるようにとの動物病院の先生からの指示!

 

その後、レントゲン撮影が毎週から2週間、1カ月と変化していき、動物病院から大丈夫というお墨付きが出たのが、最初の手術から8か月後!

 

ポン吉にとっては長い長い道のりでした。

プレート除去手術の総額は!

さてさて、プレート除去手術の総額の発表です。

 

スクリュー部分除去手術、プレート除去手術、入院費用、入院時のレントゲン撮影費用の総額です。

 

ポン吉のプレート除去手術の総額は何と30万円!

 

もちろん、この他に退院してからのレントゲン撮影費用もありますし、最初に行った手術もあります。

 

全て合計すると75万ぐらいかかったことになります。

 

でも、可愛いポン吉ですし、落としたのが私自身ですから仕方ありません。

 

本当にペット保険に加入していて良かったです。

スポンサーリンク

最後に

 

ポン吉は手術後の経過は良好なんですが、ずっとお散歩していなかったので、散歩が嫌いになってしまいました。

 

ダイエットも兼ねて、少しづつでも散歩に慣れさせるつもりです。

 

それから、プログを休んでいる間に、コメントいただいた方ありがとうございます。

 

このブログもぼちぼち書いていこうと思っています。

 

ではでは。

スポンサーリンク